やっと再現できた。
ずっと会いたかったあいつを。

2021年春公開予定 短編映画『Smile』
映画で世界を獲りに行きます。

原作はネーム原稿がTwitterでバズり、注目を集めた、新鋭漫画家・背川昇の『顔』。
監督は2019年マドリード国際映画祭において、外国語最優秀短編映画部⾨の最優秀賞を受賞した空下慎。
2021年の海外映画祭上映に向けて製作中です。

VR世界で、嫌いな人の、”憎い顔”を再現して、殺してやりたい…。
だけど、”憎い顔”を再現するには、相手のことをたくさん知って、AIに学習させないといけない…。

主人公・日向子が、現実とVR空間を行き来しながら、”憎い顔”の再現に奔走する青春ドラマ。
日向子が知った"憎い顔"の真実が、現代に生きる人に対して、強烈なメッセージとなり現れる。

   
DVD/BD先行予約
グッズを買って映画を応援しよう!

ストーリー

高校2年生となった北⾒⽇向⼦(園田あいか)は始業式を迎えていた。

教室に担任の早坂弥生(杉本彩)が⼊り、⽣徒たちが席につこうとすると、⽣徒たちの動きが⽌まる。
そこに現れたのは、アメリカからやってきた転入生のエマ(モスブロッカー・デミ・アイコ)。

エマのかわいらしさに教室がざわつき出し、
倉⽥広気(てっちゃん)はエマを見て一気にテンションが上がる。
そんな倉田の姿を見て、一気にテンションが下がる日向子。
日向子と倉田は、周囲からも付き合うのは時間の問題と思われるくらいの関係になっていた矢先のことだった。

日向子のそんな気持ちは知らずに、エマに入れ込む倉田と、エマの距離はどんどん縮まっていく。

ある日、神社に牧瀬優子(前田晴香)と大木律(真綾)とお参りに行った日向子は、
倉田とエマが腕を組みながら楽しそうに歩くところに遭遇する。
エマは⽇向⼦に勝ち誇ったかのような”笑顔”を見せ、立ち去っていく。

⽇向⼦はその足で、実在する⼈間をVR空間で再現できるゲームを購⼊する。
VRゲーム上でエマを作り、憎き”笑顔”を再現して、殺そうと企む。

そのためには、エマの情報をゲーム内のAIにインプットし、学習させる必要があった。
⽇向⼦は⽇々エマを観察して、知り得た情報を⼊⼒するが、なかなか憎き”笑顔”が再現されない。
失敗作を量産しては、ひたすら殺すという⽇々が続く。

憎めば憎むほど相⼿のことを知り、距離が近づいていってしまう展開が、
日向子を思いも寄らない結末へ導く。

キャスト

園田あいか
北見日向子役
園田あいか
Aika Sonoda

園田あいかTwitterアカウント
園田あいかinstagramアカウント
園田あいかTikTokアカウント

2002年9月3日生まれ。熊本県出身。
幼少から地元熊本にて芸能活動を始める。2017年に上京し、アイドルユニット「カメトレ」に加入。グループでのライブ・イベント活動と並行して、個人活動も精力的に行い、各種SNSでも多数のフォロワーを獲得。
主な出演には、映画『あまのがわ』(2019年)/雑誌『ヤングジャンプ』制コレ18(2018年)/BS11 局CM(2018年)/警視庁 薬物乱用防止キャンペーンモデル(2019年)/ダイハツ #原宿マジだいはつ キャンペーンモデル(2019年)など。本作が映画初主演となる。

モスブロッカー・デミ・アイコ
エマ・モスブロッカー役
モスブロッカー・デミ・アイコ
Mosbrucker Demi Aiko

1997年5月20日生まれ。米国コロラド州出身。
11歳の時に来日し、高校時代からモデル活動を開始。高校卒業後、早稲田大学政治経済学部入学。英語と日本語のバイリンガルとして翻訳・通訳のフリーランスを通して某有名米国歌手の歌詞翻訳などをこなす。翻訳活動を両立し、「Vogue Girl」 など様々なイメージモデルとして活躍。
2018年にAmebaTVの恋愛リアリティー番組「キャンパスラブ」にてテレビ初出演。

  


スタッフ

空下慎
監督
空下慎
Makoto Sorashita

映像監督・写真家。1985年和歌⼭⽣まれ。
独学で映像や写真を学ぶ。
数々の映像制作やプロデュースを⼿掛け独⾃の⾊彩感覚や世界観でファンを増やす。国内の企業や官公庁の映像作品の制作のみならずユニバーサルミュージックのアーティストのPVを⼿がけるなど国の内外を問わず活躍中。
2019年、初監督作品である短編映画「桜が咲く頃 交わした約束は、」がマドリード国際映画祭において、外国語最優秀短編映画部⾨の最優秀賞を受賞。
同年、ミラノ国際映画祭にて最優秀VFX賞受賞。
2020年、ロンドン国際映画祭にてベストオリジナルソング賞受賞。
現在、本作品を制作中であり、2020年に完成を⽬指す。

空下慎

背川昇
背川昇
原作
背川昇『顔』
Noboru Segawa

背川昇Twitterアカウント

1995年静岡県生まれ。
2017年週刊スピリッツにて『キャッチャー・イン・ザ・ライム』でデビュー。
現在は月刊ヒーローズにて『海辺のキュー』連載中。コミティア127で『Smile』の原作となる『顔』を発表。
【コメント】
自分の作品を映像化して頂けるのは初めての経験で、とてもワクワクしています。映画製作にはずっと興味があり、今回の映画の製作にも積極的に参加させて頂きたいと思っていますが、チームの皆様の力で自分の漫画がどんな風に変わっていくのかがとても楽しみなので、好きなようにアレンジを加えて滅茶苦茶にしてより面白い映画になればいいなと思います。

永本冬森
ビジュアル作成
永本冬森
Tomori Nagamoto

北海道出身。1999年よりカナダ、トロントを拠点にアーティスト活動を開始。
ボールペンで描く巨大なセレブリティの肖像画など、現代の消費社会を風刺するコンセプチャルな作風が注目され、アート専門誌『アートフォーカス』主催のコンペティションでアワードを受賞(’00)。トロントの二大情報誌『NOW』(’02)、『EYE』(’03)にて “年間最優秀アーティスト賞”に輝くなど、コンテンポラリー・アーティストとしてカナダ国内において高い評価を得る。
2015年、日本での活動を開始。歌手・山崎まさよしのデヴュー20周年を記念した『音のない山崎まさよし』展(蔦屋書店・大阪/湘南)や、城崎温泉での個展『温泉と名言』を開催。
制作風景を4ヶ月密着したドキュメンタリー映画『城崎にてアート』が公開され話題となる。カナダ時代の作品を集めた処女作品集『CA』刊行。現在、山陰地方に滞在し、制作を行っている。

永本冬森

ACO
ACO
主題歌
ACO
ACO Youtubeアカウント

2000年岐阜県生まれ。
次世代の宅録女子。ACOは音楽マニアである父の影響で幼い頃から多くの音楽に触れてきた。その影響もあって2年前からDAWを使ってオリジナル楽曲の制作を始めた。インターネットに投稿した処女作である「The missing sock syndrome」をはじめ、彼女のメロウな声とポップな楽曲はどこかノスタルジックである。
現在作曲家である星銀乃丈と「tiny baby」というシティーポップから90年代の渋谷系をルーツに新世代ポップスを追求する2人組ユニット。また、サウンドクリエイターであるハヤシユタカと幅広いジャンルを扱いながらポップな楽曲を目指す「Juicebox」としても活動中。

オンラインサロン

Smileではオンラインサロンを開設しています。
サロン内でのみ公開している絵コンテや構想などが閲覧でき、
空下監督の前作「桜が咲く頃・・」を含む映画本編やドキュメンタリーの視聴なども可能です。
制作過程のすべてをエンタメとして楽しんで頂くことが出来ます。
さぁ!一緒に映画で世界を獲りに行きましょう!

オンラインサロンへ